エースバイオアナリシス株式会社はキャピラリー等電点電気泳動専用装置を開発販売しています。また、キャピラリー等電点電気泳動の分析受託や、抗体を利用した独自の分析法である「APCIEF法」や「ACCIEF法」の開発支援を承っております。キャピラリー等電点電気泳動装置は、タンパク質分析に欠かすことのできない重要なシステムです。

ここでは、エースバイオアナリシス株式会社の開業に至る道筋や独自の強み、製品の特徴についてご紹介いたします。

エースバイオアナリシス株式会社の思い

Thoughts of Ace Bioanalysis

エースバイオアナリシス株式会社の代表取締役である志村は、キャピラリー等電点電気泳動(CIEF)法の研究開発に長年携わってきました。

キャピラリー等電点電気泳動法は、従来のタンパク質分析法と比較にならないほどの優れた潜在能力を有しています。しかし、その能力を十分に引き出せるような専用の装置が開発販売されていなかったために、これまでの普及が妨げられていました。

キャピラリー等電点電気泳動法は専用装置として最適化することが、装置開発の鍵といえます。さらに、リーズナブルな価格で装置を供給できることも重要なポイントです。

エースバイオアナリシス株式会社の開業前からの研究成果を集約した走査検出キャピラリー等電点電気泳動(SCIEF)装置は、タンパク質分析の発展に大いに貢献できると考え、エースバイオアナリシス株式会社の開業に至りました。今後もタンパク質分析に新たな光を照らすため、開発を続けてまいります。

エースバイオアナリシス株式会社の強み

Strengths of Ace Bioanalysis

エースバイオアナリシス株式会社では、タンパク質分析に活用できる走査検出キャピラリー等電点電気泳動装置を開発しています。試作機を用いた分析の依頼も承っております。さらに、本装置と抗体の特異性を利用した独自の分析法である「APCIEF法」や「ACCIEF法」の開発支援も可能です。

キャピラリー等電点電気泳動装置による受託分析を行う企業は業界内でも少なく、質のよい分析ができると評判を集めております。エースバイオアナリシス株式会社のキャピラリー等電点電気泳動装置は、特許技術である新分析法(ACCIEF法)の普及を目指しています。

キャピラリー等電点電気泳動装置を必要とする業界は数多くあります。

特に、試料の中に様々なタンパク質が含まれているときに、特定のタンパク質の分離結果を調べたいときには、抗体技術と組み合わせたキャピラリー等電点電気泳動の活用が最適です。

キャピラリー等電点電気泳動法に基づいた分析調査を自身で行うのが難しいという場合には、専門業者に委託をするという方法もあります。エースバイオアナリシス株式会社はキャピラリー等電点電気泳動分析の分析依頼にも対応しております。お気軽にお問い合わせください。

キャピラリー等電点電気泳動装置による分析は受託依頼するのがおすすめ!

エースバイオアナリシス株式会社は、リーズナブルな価格で活用できるキャピラリー等電点電気泳動装置を用いた分析の依頼に対応しております。

抗体を利用した独自の分析法「APCIEF法」や「ACCIEF法」の開発支援も行っておりますので、ぜひご活用ください。

コラム一覧

  1. 高性能キャピラリー等電点電気泳動専用装置を販売します!受託分析・抗体を用いたAPCIEF法およびACCIEF法にも対応
  2. キャピラリー等電点電気泳動の装置を解説/等電点バリアントの構成比測定に活用

キャピラリー等電点電気泳動装置を用いた分析の依頼は、エースバイオアナリシス株式会社へ

会社名 エースバイオアナリシス株式会社
代表取締役 志村清仁
設立日 2018年12月3日
資本金 300万円
住所 〒960-8055 福島県福島市野田町5丁目6−48−402
TEL 090-3538-7952
E-mail info@aceba.jp
URL https://aceba.jp/
アクセス 医大内研究室:福島市光が丘1番地 福島県立医科大学 10号館 2階 リエゾン1
目的 (1) 分析機器の開発、販売、分析業務の支援 (2) 前号に附帯関連する一切の事業