■ キャピラリー等電点電気泳動 (CIEF)

等電点電気泳動は当初、溶液中やゲルの中で行われていましたが、キャピラリー中で行うと、さらに優れた特性を発揮することが分かりました。キャピラリー中では、タンパク質の移動を妨げるゲルを使う必要がないので、とても早く焦点化します。キャピラリーに試料と両性担体を含む液を注入し、電圧をかけるだけで焦点化が起こるので、とても簡単です。また、キャピラリー全体を試料で満たして分離を開始できますから、希薄な試料にも向いています。しかも、等電点電気泳動は 0.02 pH 単位の違いでタンパク質を分離できるとても高性能な分離法です。まさに、CIEF 法は、いいことずくめのタンパク質分離法です。

しかし、一つだけ問題があります。それは、等電点電気泳動の性質上、焦点化したタンパク質はキャピラリー中に形成された pH 勾配のどこかに静止してしまうという点です。一般的なキャピラリー電気泳動の装置はキャピラリーの一箇所に固定された検出器しか装備していません。焦点化したタンパク質を検出点に移動させる必要がありますが、この移動によって分離能が低下したり、時間がかかったりという問題が生じます。

走査検出キャピラリー等電点電気泳動 (SCIEF) は検出におけるこの問題を解決し、CIEF がもつ能力を最大限発揮させることができます。